これはしおころのブログだよ

しおころが書きたいことを書くブログだよ

はい☆ぷり

どうもこんにちは、しおころです。

 

お久しぶりになりますね。最近何も出してなかったので。本当はブリハンの記事を書いていたんですが直後の生放送&エラッタ発表に際したブリハン弱体化でご破産になってしまいました。

 

ということで、試験期間がやばいのをよそに黙々とCOJをやっていたわけですが、

 

f:id:sioneyossi:20170707103028p:image

 

昇格していました。千葉県7人目のハイプリです。昇格当時ランキングも丁度200位。やったぜ。

振り返ってみればマジシャンはここ1週間でオーブ8個という急激な伸びを見せ、駆け抜けたという感じです。前回マジシャン昇格記事をあげたのが5月29日なので、賞味1ヶ月半でしたね。正直嬉しさというより安堵感の方が大きかった印象。

 

正直昇格して2週間はすごく勝てなかった時期があり、その頃はホントに何をしても上手くいかない、というレベルで酷かったのですが、色んな人に勝てて盛れる構築を教えてもらい、有難くも昇格までこぎ着けることが出来ました。この場を借りて謝辞を。本当にありがとうございます。

最後のオーブ&昇格戦は自分が作ったデッキでやりましたがそれはまた別の記事で。

 

多分もう月末まではJはやらないと思います。さすがにテストが近いこともあり、そちらに集中したいと思います。その間にも発信できることがあればブログの形をとって発信していきます。

 

これからもしおころ2をどうぞ宜しくお願いします。

 

おしまい

ONI総長とライトニングドラゴンとパトリオット交流会と

どうもおはこんばんこんにちは、しおころです。柄にもなく早めの更新です。

 

まずはご報告をば。

先週末はパトリオット交流会があったので、先週一杯はそのための調整と地力上げをしていました。

f:id:sioneyossi:20170529093056j:image

そしたらワイ、昇格してました。嬉しいです。ありがとうございます。最近デッキはほぼ同じものを使っていますがそれは多分上げるであろう別の記事で。

 

 そして先週末は上京していた〇〇の化身さんとちょろーんさんにもお会いすることが出来ました。今回も店内対戦していただいたり面白い話を色々と聞くことが出来てとてもモチベーションになりました。

そして日曜日は交流会当日。

f:id:sioneyossi:20170529094837p:image

津田沼エースでオーブをかっさらい、こんなこともありましたが錦糸町へ移動。

主催の超へたれさんの音頭で交流会スタート。f:id:sioneyossi:20170529095035j:image

フリープレイでの最初はでんでんさんとの1戦。まさかのレベコンミラー。2-4でJKを抱え、ターンが返ってきたら決めきれるという盤面でまさかの紫電龍で2点取られて負けました。

f:id:sioneyossi:20170529095747j:image

チーム戦になり、ちょろーんさんにドラ3で起用されました。ざっと見た感じイシス珍獣が多かったため最近使っていなかったブリハンが緊急登板。が、ナウラさんとの1戦で甘露アポビスというガンメタを踏んでしまい、あえなく撃沈。チームも終盤までもつれ込む接戦だったが、惜しくも敗北。

チーム戦第2戦は対黄緑武身との1戦。こちらは変わらずブリハンで挑みました。途中エクスカリバーがぶっ刺さったりとヒヤヒヤしましたが、アトゥムの当たりどころが良かったりユーリさんのナイスアシストで何とか勝利。チームも序盤で星を稼げたので危なげなく勝利しました。

 

f:id:sioneyossi:20170529103446j:image 

交流会が終わった後、最後にということでボクが頼み込んでちょろーんさんにチャレンジを申し込みました。レベコン対黄単タッチリッパーの1戦。残り3点まで点差を詰めていたのですがワンハンから4点まくられてしまい敗北。ランカーへの道のりは遠い……よよよ…。

 

f:id:sioneyossi:20170529102217j:image

 総括的な何か。

交流会で色々な人とお話出来たり交流を持つ(そりゃそうだ)ことが出来ました!こういう形で交流を持てるのは素晴らしい事だなぁと改めて思いました。

そして何より、自分より強い人がいるのは分かっていたのですが、やはりランキングの数字だけでは伝わらないものもあります。それでもこうして直接会ってお話したり実際のプレイを見ていったり、時には人柄を窺い知ることで分かったこともありました。

COJ、まだまだ奥が深いと思いました。主催の超へたれさんを始め、皆様本当にお疲れ様でした。

 

拙い文章ではありましたが昨日の交流会に参加した方々への今一度の最大限の賛辞と共に筆を置かせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

おしまい

 

 

……「あのこと」についても各方面に監修をして頂きつつ近いうちに記事を出します。まだ不完全ですが、色々と「誤解」は解けたので。

迫真野球部、海底ダウジングの裏技〜今期の振り返りを添えて〜

(淫夢要素は)ないです。

 

どうもこんにちは、しおころです。

 

唐突にDOB更新が発表されたので、一区切りとして今期の所感とデッキ紹介をば。

 

今期はエラッタの影響あってか後述する“野球”を除けばかなり落ち着いたシーズンではなかったでしょうか。一部ではまだ“血染め”の動きもありましたが、大半の人はいわゆる“普通のデッキ”を握っていたように感じます。

代わりにユーザーに根付き始めたのが、“勝負どころ”を使った赤デッキでした。ややもすれば更地から5点持っていけるのでこれも実質ワンショットデッキと言っても過言ではないと思います。これのお陰かせいかは分かりませんが、ゲームメイク型の“ブリハン”、“黄単”が少しではありましたが減ったような印象を受けました。まぁどんなに頑張ってハンデスしても、どんなに頑張って盤面コントロールしても、たった1ターンで最大5点持ってかれるのですからしょうがないのかな、という気もします。

 

ざっくりとですが、今期の環境所感はそんなところでしょうか。続いては今期握ったデッキのご紹介。

今回ボクが使った野球デッキがこちら

f:id:sioneyossi:20170525000927p:image

©️SEGA

以前どこかのブログで野球と海洋赤単が組めるとかって書いてあったので、両方詰めたら強いんじゃね?っていう考えから生まれたデッキ。正直自分でもビックリするぐらい強かった。そしてビックリするくらいカードを引いた。使った初期にハンド管理出来ないプレミをやらかすぐらいには引きました。狂犬の採掘+楽園+ダウジングなんてやるとあっという間にハンドが一杯になります。

それでは各カード毎に見ていきましょう。

スターフィッシュガール・ヤドキャリー

デッキの要です。楽園を踏む際、スタフィーは重なる可能性があるので特に理由がなければヤドキャリーを出しましょう。

シヴァ・フレイミー・タコ・マコ・リリス・ラー

なんでもいいのでとりあえず抜かないでください。フレイミーラーは強いです。

ケロール・レッド・ファニーテイマー

ポイント枠です。その時シナジーを感じたカードを入れてください。ファニーテイマーにしたのはCIP5000バーンが期待値として見込めて、軽い除去枠として割と優秀だったため。

ダウジング、海底の楽園

宇宙。この6枚でカード12枚をドローします。これらとリリスの圧縮をフル活用して、決めきる前に1周するのが理想。ただ引きすぎてフレイミーの効果が失われる可能性があるので、ご利用は計画的に。当然ですが刺す時は楽園→ダウジングの順に刺しましょう。

狂犬の採掘・勝負どころ

勝負どころを3にしたのは、狂犬とルインリードを活かすためです。3枚にしておけば、狂犬の2枚圧縮の期待値が高まりますし、ルインリードで必要牌を切ることなく勝負どころ2枚を切るということが可能になります。「引けない」ということもないので、割とアリな構築でした。

ルインリード

圧縮枠。特筆すべき点はない。

ソウルエクスキュージョン

除去枠。加護ミューズを見て採用。

とまぁこんな感じです。Bデッキながらバランスの良い構築ができました。ポイント更新がどう転ぶかは分かりませんが、これからも継続的に研究していきたいと思います。

 

f:id:sioneyossi:20170525000219p:image

©️SEGA

そしてもう一つ、今回コントロール型ではポイント的に“求愛海洋レベコン”がフルパワーで組めて割と強かった印象を受けました。ボクのデッキはレベコンの得点力の低さを“ヘレティックスカー”で補う形にしました。今期60ポイントのC。来期もCは維持できそうなのでメインデッキのポイントが割れたらこれを使っていこうと思います。

 

最後に自分のこと。

f:id:sioneyossi:20170525012423p:image

やり過ぎず、やらなさ過ぎず、ぼちぼちと言ったところでしょうか。割と今の環境が面白いので、いつか時間をとってガッツリやりたいです。昇格も近いので、気を抜かずにやっていきます。

 DOB更新後も良きデッキ作りを。

 

おしまい

 

※環境所感について、どのデッキと当たりやすい、見なくなったなどはあくまで私自身の経験と感覚によるものなので、あまり真に受けすぎないようお願いします。

前環境で見出した、タッチタコラーの可能性

どうも、しおころです。

 

新バージョン、いかがお過ごしですか??ボクはまぁ、3日に1回ぐらいのペースで細々とやっております

 

DOBが変わり、色々とデッキを作って遊んでいたのですが、もう犬も歩けばメロディーに当たるって感じなので、以前より使っていた甘露アポビスとも暫くお別れする運びに。

 

ということで以前使っていたデッキがこちら

f:id:sioneyossi:20170427100740p:image

©️SEGA

いわゆるイズナ黄単と呼ばれるデッキです。厳密には黄単ではないですが。

そして、すでにお気づきの事とは思いますが、このデッキのタッチ枠はデビルウィンナーと太陽神ラーです。様々試行錯誤をして行た上で槍玉に上がったのがこの構築。

 

これまで黄単のタッチ枠には様々なカードが採用されてきました。ミューズ、メイメイ…。ですがこれらのカードは、メタカードの登場やエラッタで姿を消していきました。

そこで、近環境でタッチ枠筆頭に上がったのが“ジャック・ザ・リッパー”です。2コススピムというローコストユニットでありながら、ハンドとCPさえあれば2点以上の得点を見込める、“無限の魔法石”が採用しやすいアーキタイプなのでピン採用しやすい、可愛い、など、挙げればアドの尽きないカードです。

 

ただ、目の前が空いてないと手札にいても機能しない、インセプユニットの登場によって突然ユニットが湧いてきて返り討ちに逢う…など彼女なりの使いづらさみたいなのが現れてきました。

 

一方ラーは殴れる回数こそ1回ですが、相手が並んでいる状況を打破出来るというメリットがあります。「呪縛に頼らない単体除去」というのがリッパーにはないラーの長所です。土台と合わせて2コス、進化なので実質スピム持ち、最低コストで業、対価を見れるなど進化ならではの使い方もあります。

ただ、相手が1体の場合だと2000バーン止まりである、デッキ構築上土台が必要なので最低でも6枠必要になる、加護、不滅、秩序の盾には無力、など欠点もあります。

 

え!?って思うかもしれませんが、意外と使いやすいですよ

 

おしまい

ブックレビュー〜蒼空時雨を読んで〜

どうも、しおころです。

 

実は密かな趣味が読書なのですが、最近読書がご無沙汰だったのでリハビリがてら手に取った作品がこちら

f:id:sioneyossi:20170425223414j:image

 

メディアワークス文庫の「蒼空時雨」です。綾崎隼さんの著書。

 

あらすじをネタバレ含まない程度に話すと、家の前でばたんきゅーしてた訳ありの女の子と、その子を拾ったこれまた訳ありな主人公とその仲間達との恋愛模様を描いた群像劇、って感じです。

300ページぐらいの軽めの小説ですが、正直久しぶりに物を読んだので、2週間ぐらいかけてコツコツ読み切りました…。

 

いやー、良かったっす。「感動した!」とかではなく、ある意味王道の展開っちゃあ王道の展開だったんですが、一つ一つに綺麗事だけではない人間味があってよかったと思います。メインヒロイン、譲原紗矢ちゃんも主人公と会って精一杯頑張って生きてるって感じが年頃の女の子っぽくて可愛かったし、最後のシーンでも決めるところはバッチリ決めるって感じで。やっぱり恋する女の子は強いんだなと(わかってない)。

 

ただ、あまりにも人間関係が凝縮されすぎてて、そこまで繋げるか!?っていう伏線や繋がりがあったかな、と。この作品のウリの一つではあったんですが、少し無理あるやろ…って場所も…。まぁあんまりボクはそこをマイナスとは考えてないですけどね。作品自体の面白味が損なわれるほどのものでもないですし。ただ世界は狭いんだなと思いました(小並感)。

あと紗矢ちゃんをもう少し描いて欲しかった。個人的に結構キャラとして好きで可愛かったし。本人の葛藤や心情をもう少し描いて欲しかったかも。可愛かったからね!(大事な事なのでry)

 

キャラの描き方はどストライクでしたし、人間関係もわかりやすく、文章もすごく読みやすかったです。表紙に飛びついて自身のリハビリのついでに読みましたが、個人的には大満足の内容でした!!

 

興味を持った方はぜひご一読を〜

 

おしまい

心中

あ、別に自殺する訳じゃないですよ??www

 

どうもお久しぶりです。しおころです。

なんか最近自分のことがよく分からなくなってきたので、とりあえずブログに書くことで吐きだします。実質愚痴だし内容もあるのか無いのかわからない感じですが、お付き合いいただければ幸いです。後述しますが、出来ればコメントとか頂ければ喜びます。

 

結論を先に申せば、今やってるバイトがかなり辛い。正直辞めたいとまで思っている。それを決定的なものにさせたのが、先週の水曜日の話。

概要だけ話せば、バイトの上司にその状況を見てもいないくせに知ったような口ぶりで自分が確実にやっていないことを自分のせいにされたことである。その上司は平時嫌味のきつい人で、今回もその例に漏れなかったわけだが、今回のは流石に常軌を逸していると思った。正直場所が場所ならぶん殴っていた、と言ってもいい。

 

何か経験的なものを積んで後に活かしていきたいと思って始めた今のバイトだが、正直それどころじゃなくなっている。ぶっちゃけ仕事も出来ない。と言うよりはまともに教えてもらっていない。他の人は手取り足取り教えて貰っているのに、である。何分初めての事なので、どこまでが教わっていいことで、どこからが自分でやらなきゃいけない事なのか、ということすらわからない始末。自分で調べろというのなら、どこからどこまでやるべきなのか、そのくらい教えてくれてもいいじゃないかとは思う。流石に中高だってテスト範囲は明記されてたぞ??

 

正直、自分がわからない。自分でも書いてて、「早く辞めて楽になった方がいい」という自分もいる一方で、「何をこれくらい」と思ってる自分もいる。1450円の時給に後ろ髪を引かれ、今日までダラダラ続けてきている。

 

出来れば、意見を頂戴したいです。続けるべきか、辞めるべきか。皆さんの意見をお待ちしてます。

 

追伸:J新弾は最短で来週月曜日に引きます。イズナ天使を目下思案中です。

f:id:sioneyossi:20170412022839p:image

 

多分JSはこれでおしまい。最近ボクの周りの人のモチベが無さすぎてボクにまで波及してきている。まぁ何だかんだみんなやめないんだろうけど。

新学期も始まり、ゲーセンに行く機会も減ったので、Jのプレーも程々程度。音ゲーも程々に。まぁぼちぼちお金貯めます。

 

まぁ色々ありますが、頑張って行きましょー

 

おしまい

foolなったしボクのデッキ紹介する

どうも、しおころです。

 

せっかくfoolになって、一つ上のステージに上がれたので、今使ってるデッキ紹介をしていきたいと思います。

 

突然ですが今使っているデッキがこちら

f:id:sioneyossi:20170320200531p:image

はい、ファングディバシです。70ポイントのB。各カードについて見ていきますかね。

 

オータムロイド

後述する鉱脈、魔法石を引っ張って来るためのユニット。あと先攻初手候補兼進化の土台。

 

光明神アポロン

後攻初手筆頭候補、というかこれ以外ないです。ユニット複製によって攻撃回数を増やす要員。

 

ライトニングドラゴン

とりあえず入れとけカード。足止めと突破選べて両方こなせるカード。

 

夜光のヴィヴィアン、プリティベル

プチライドラとそのサーチ。ハーピー通して呪縛、行動権落としてヴァイスヘルメスとか使い方は多種多様。進化の土台候補その2とその3。プリティベルは先攻初手候補。

 

 ハーピー

このデッキの軸。使わない場面はほとんどありません。高原の土台になるのはもちろんだが、着地すれば確実にアタックが通るので、鉱脈を踏ませるのにうってつけの人材。後述する、「高原ハーピーファング鉱脈ディバシ」というデスコンボのコンボパーツ(命名はボク)。

 

エクスカリバー

自由枠。相手の盤面だけに干渉できるのでとりあえず入れた。ブリハンとかを刺せる…かもしれない。正直インドラとかゼウスでも構わない。

 

ヴァイスヘルメス

除去枠。高原踏めるし、行動権が落ちてるユニットならコスト問わず落とせるのでかなりスペックの高いカード。ヴィヴィアンと一緒にどうぞ。だが、Bでなくていいならここは自由枠。

 

ゴールドクラウン

ファングに頼らない唯一の勝ち筋。武身とかならファングに頼れない状況でもゴルクラ高原ディバシとかで勝てることもある。

 

カパエル

特筆すべきことは無い。

 

ジャック・ザ・リッパー

万能スピム枠。ソウルカード。それ以外に言うことなど不要。だがトリガーの刺しすぎには要注意。鉱脈2枚挿してもCPは増えないぞ☆

 

アンチ・インターセプト

ポイント枠。ただ高原や魔手、ガーデンなど各種紫インターセプトを落とせるので侮れない。

 

玲瓏の鉱脈

CP増加枠その1。基本ハーピーと一緒に使う。役に立つ場面は思ったより多い。後述する、「高原ハーピーファング鉱脈ディバシ」のコンボパーツその2。

 

無限の魔法石

万能サーチ枠。本当は1枚でもいいのだが、これはJKがルインリードだった時の名残。でも2枚ぐらいあった方がデッキ的にはよく回ったので、結局2枚のままに。

 

エレクトリックファング

このデッキの軸。これを抜くぐらいなら普通の黄単握ってください。

1枚だとそもそも引けなかったりハンデスされたりするので2枚採用。

 

虚空への回帰

インターセプト回収枠。高原かファングに繋げられるのがgood。さらに2コス以下のユニットが多い関係上、インドラやエクスカリバーに弱いので、2枚ドローの期待値も高い。抑制剤とはオリボの兼ね合いも見て採用を考えてください。

 

花の高原

CP増加枠その2。ここから様々な動きに活かす。高原ハーピーヴァイスヘルメスで確定除去も可能。まぁとにかく雑に強い。

 

JK1:ディバインシールド

これを変えるぐらいならこのデッキ作らないでください。

 

JK2:エビルガンビット

ポイント枠。その時期の6ポイント以上付いてるドロー枠を入れてください。入れ替え筆頭はルインリード、トリックフィンガー。

 

とまぁ各カードの役割はこんな感じです。次に回し方をば。

 

基本的に攻撃回数を増やすために横に並べて、ファングで寝かせて相手を殴り飛ばします。1回攻撃が通ればあとは3×2=6点で倒せるので、ジョカケアしながらでも相手を倒せます。

でも点は取れる時に取っておきましょう。ジョーカーを貯めすぎてはダメですが、相手にどっしり構えられると負けてしまうので、どんどんオラついて行きましょう

 

デスコンボ、「高原ハーピーファング鉱脈ディバシ」について

もうお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、

高原撃つ、3CP→ハーピーPA&ファング、残り1CP→鉱脈踏む、残り3CP→ディバシというようなデスコンボが完成します。

つまり何が言いたいかと言うと、CPが0でも、高原と鉱脈さえ踏めれば、そのターンの内に決着をつけることができる、ということです。ランプでも中々止まらない動きです。

 

とまぁこんな感じです。

f:id:sioneyossi:20170320225405j:image

相手のデッキをあまり気にしなくていいので、勝率はなかなか高いです。デッキ作りの参考にでもしてやってください。

 

おしまい